自然と人、動物・・・何でもござれ!


by choromasa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

自然の輝きそのままに ~ クリスタル・グラス ~

11月28日


霜が降りる季節になりました。

農場の朝は、
霜柱と、降霜で始まります。



a0192918_11295220.jpg



クリスタルグラス
(Fieinia truncata )

ここは、
横浜なんですが・・・

霜が降りたようでしょう?



a0192918_11243528.jpg



カヤツリグサ科のこの植物は、

葉っぱのぐるりが
アトランダムに白く縁どられ・・・

自然の情景そのままに
表現しています。


a0192918_11503945.jpg



良く見ると・・・

葉の葉脈と
縁に沿って霜がついていますよ。

寒いけど、
とっても美しい風景だなぁ。




a0192918_11592041.jpg



幼い頃、
とっても寒い朝・・・

汲み置きの水はとっても冷たく
顔を洗うのが嫌だった。

a0192918_1225626.jpg



井戸水を使おうと
外に出ると、

霜に当たった植物がきらきら輝いていて・・・

そこに暖かい井戸水をさっとかける。

その後の手の冷たかったこと!



a0192918_1221426.jpg



そんなグラスを
ハンギングに使ってみましたが、

ちっちゃいグラスだったので
あまり目立たなかったね。



a0192918_1221361.jpg



それでも、
精一杯、胸を張って

スキミアの間から伸びようとしていますよ。


a0192918_12134356.jpg



背の足りない分を
白いシクラメンが優しくカバーして・・・

淡雪のように咲いています。


a0192918_12145578.jpg



コンテストから戻ってきたバスケット。

少しルーズな花姿が、
とびっきりきれいに見えました。


ああ、やっぱり
自然ほど美しいものはないなぁ~♫



a0192918_1217947.jpg




自然ねぇ~

自然には、こんなガムないもんね!!

取らないでよ!
今、隠すとこだから。
[PR]
by choromasa | 2011-11-28 09:15 | 植物

笑ってよ、ぼくのために♫ ~ サフラン ~

11月26日


最近、
なんかいいことないなぁ~

そんなことを考えながら、
屋上に上がると・・・


a0192918_10192011.jpg



えっ!

サフラン?
(Crocus sativus L.)

思わず、吹き出してしまいました。

そうそう、
声をだして笑ったのって久しぶり♫


a0192918_10232896.jpg



そっか・・・

サフランは風通しの良い所でないとだめってあったので
屋上に置いたんだっけ!

竹田のサフラン農家の番組でも言ってたからね!


a0192918_10352046.jpg



外に出てみると
鉢植えのサフランは満開!


いけない!
オシベを摘まなくっちゃ!


a0192918_10365274.jpg



サフラン独特の甘い香りに包まれて
今日はたくさん収穫できました。

これを乾燥させるんですが・・・

番組ではこたつの中が一番だそうですが、

実はテレビの上も
なかなかだと思っているんです。


a0192918_10402020.jpg


2、3日経つと
こんな風にからっからになります。

どのハーブもそうですが、
乾燥すると香りが強くなりますね。


a0192918_1042524.jpg



はっ、はっ、はっ・・・
これも可笑しいでしょう♫


気づきましたよ。

サフランには、
いろんな表情があるってこと!


a0192918_1102670.jpg




ぷっ!

これさぁ~、
みんなで、べろだしてるよねぇ~

なんだか、笑えるでしょ?!


a0192918_10465685.jpg



千葉の民話に
「べろだしチョンマ」ってあるんですよ。

あかぎれを痛がる妹を慰めるため
べろを出しておかしい顔をする兄。

直訴の結果、
一家は処刑されますが、
怖がる妹を最後まで笑わせ続けるチョンマ。


a0192918_10503385.jpg



僕達は小さな舟に
哀しみという荷物を積んで
時の流れを下ってゆく 舟人たちのようだね

君のその小さな手には
持ちきれない程の哀しみを

せめて笑顔が救うのなら
僕は道化師になれるよ

―さだまさし 道化師のソネットより―


a0192918_10523989.jpg



笑ってよ君のために
   笑ってよ僕のために



サフランのつぼみが、
そう言っている気がするのは・・・

考えすぎでしょうか?



a0192918_1054374.jpg



ほら♫

みんなも一緒に笑おうよ!
ってさっ!


ねえ、ねえ、
そう聞こえない?



a0192918_10554342.jpg



Bluebell さぁ~
少しうるさいよ!

お天気良くって

ぼく・・・ねむいんだよ。
[PR]
by choromasa | 2011-11-26 11:07 | ハーブ

秋バラの咲きほこる中で ~ バラ・アイスバーグ ~

11月25日


村田先生。

「11月3日に咲かせるためには
 いつ、切ったらいいかって言うと・・・」

剪定の講義の時に、
決まって言う言葉でした。


a0192918_1633712.jpg



夫と通った八ヶ岳農場。
初級から中級・・・そして番外編と。

初級なのに
バラは初めての夫に、

「えっと、アイスバーグはフロリバンダで・・・
 ん?わかんない人は、カタログの樹形図を見てください」


a0192918_1672468.jpg



アイスバーグ
(Iceberg Kordes 1958 )

決して、相手の目を見ない。

しかも、
ぶっきらぼうで話が難しい・・・

バラの神様、村田晴夫ってどんな人だろう!
きっと素敵な人に違いない・・・


a0192918_16103855.jpg



私の淡い期待はみごとに裏切られ、

目の前にいるのは、
仏頂面をした学者肌。

どう見ても、
偏屈なおやじにしか見えなかった。

それは、
回を重ねるほどひどく思われ、

それでも、長い講義、
寒い実習を重ねて中級クラスへ・・・


a0192918_16134219.jpg



それが!

その日は、朝早くから夕方まで、
寒い2月の実習の日でした。

いきなり笑顔の先生が、
「今日はカレーがあります。みんなで食べましょう!」

えっ!!!


a0192918_16194126.jpg


それ以来、

実習の日には、
スタッフさんのお手製のケーキや、

講習生のお持ちよりで、
とっても暖かく贅沢な昼食が続きました。


a0192918_16214326.jpg


ハウスの中で、
繁殖の実習やスタンダード作り・・・

先生の知識を吸収しようと
夫までもが、無我夢中でした。


a0192918_16233586.jpg



そんな先生が、

つるアイスバーグの咲く
11月のはじめに、突然逝ってしまいました。

仏頂面の先生のために
涙をこぼす日がくるなんて・・・

どうして、
もっと憎まれっ子でいてくれなかったんだろう・・・

a0192918_1626670.jpg


この講習会用の椅子に
座る人は、今はなく・・・

やっぱり、先生は・・・

先生は・・・
頭のかたい・・・頑固おやじだっ!


・・・


a0192918_16254580.jpg



それでも、
こんな顔の先生が一番先生らしい。

村田先生
きっと天国でもバラを作っているんでしょうね。

また、会う日まで
私もバラを作りましょう。
[PR]
by choromasa | 2011-11-25 09:15 | その他

風はどこにいる? ~ コスモス・オレンジキャンパス ~

11月23日


飛ぶように日が過ぎて、

あっという間に
11月も終わろうとしています。

忙しく、ぎすぎすした気持ちに
押しつぶされないようにしないとね♫


a0192918_9534714.jpg



コスモス・オレンジキャンパス
(Cosmos bipinnatus 'Orange Campus' )


黄色系コスモスと言えば、
玉川大学。

ずっと・・・遥か昔に
スクーリングでお世話になりました。


a0192918_1051359.jpg



小高い丘。
広くて、礼拝堂のあるキャンパス。

華やかな場所にあるこの大学は、
田舎の女教師を魅了し・・・

小原國芳の本を片手に闊歩したものです。


a0192918_10165420.jpg



そんなある日・・・

小学部の教室で、
静かに絵をかいていらっしゃる先生に出会いました。

葉の細かいシダの絵でした。


a0192918_10194340.jpg



立っている私に、
気さくに声をかけ、

絵の描きかたについて、

植物について
お話くださいました。

「花の研究は華やかだけど、
 崖にへばりつくシダを探して歩くのも研究なんだよ」


a0192918_10274268.jpg



うろ覚えですが、

そんな先生の静かな確信に、

「教育とは!」って
力んでいた心が、

解きほぐされたような気がしました。


a0192918_10315212.jpg



今は教師ではないけれど、

忙しく、仕事に夢中になっていると、

自分が正しくて、
自分がいないと仕事にならない!

なんて、錯覚してしまいます。


a0192918_10332949.jpg



そんな時、
玉川の丘を振り返り、

ああ、シダを探すんだ!
って、言い聞かせる。

先生の確信を、
今の自分のものに。


そして、
いつか、もう一度お会いできたら・・・


a0192918_10354873.jpg



「先生、シダが大好きになりましたよ!」

そう、伝えたいなぁ♡


お会いした時に
私だってわかってもらえるように


何度も何度も思い返そう!



a0192918_10393663.jpg



ねえ、ねえ♫
ぼくの毛色さぁ~
オレンジって知ってた?


ちょろさん、
あんた、毛玉みたいよ!
[PR]
by choromasa | 2011-11-23 10:52 | 植物

思いきって小さな旅 ~ バラ・ラジオ ~

11月18日


バラの講習の最後の日・・・

夫に、「農場に行く?」って聞くと、
「いんや、行かない」って答えた。

こっ、これは・・・
どうしよう!

仕方ない、一人旅だ!!


a0192918_21543497.jpg



恥ずかしいけど、
電車がとっても苦手。

特急「かいじ」に乗って、
何とかたどり着きました。


a0192918_2129924.jpg



そうそう、
途中、迷子になったおかげで、

この銅像の写真が撮れましたよ!

もと笛吹きだったので、
見逃せません。


そして、
迎えてくれたのは・・・


a0192918_21315958.jpg



ラジオ
(HT Radio 1937年 Pedro Dot )

秋のバラ独特の深い色のり。

なんて美しいんでしょう!



a0192918_22155151.jpg



ふと、
途中で出会った中国の少女を思い出しました。

泣きべそをかきながら・・・

駅のベンチに座っていた私に
一枚の紙を見せました。


a0192918_21412885.jpg



そこには、
「甲府」と書いてあったんです。

まだ、あどけなさが残っていて、
頬の涙を拭いてあげたいくらい。



a0192918_21431629.jpg



急いで、駅員さんの所に行ったら
「どこにいたの?探してたんだよ!」

思いがけない言葉に驚きました。

どうやら、言葉が通じず
隅っこのベンチに何時間も座っていたようです。


a0192918_21463722.jpg



親切な駅員さんでよかったね。
今頃、無事に着いているかしら・・・

ラジオの複雑な色合いが、

異国の地で一人、
どうしたらいいかわからない
少女の心もとなさと重なりました。



a0192918_22195434.jpg




いけない!
講義が始まってるよぉ~

ひぇ~、今日は試験なのに・・・



a0192918_2148736.jpg



と言うわけで、
何とか無事に卒業し、

美味しいケーキをいただいて・・・

はっ!

帰らなきゃいけなかったんだ!


a0192918_21554996.jpg



駅に着いたら、
もう夕暮れの空。

特急なので、
切符がいっぱいある・・・

「あの~、
 どの切符入れたらいいんですか?」

やっとつかまえた駅員さんのハンサムなこと♫


a0192918_21584510.jpg



「はまかいじなので横浜まで直通ですよ!」って
優しく教えてくれました。


ああ、よかった♫


a0192918_2245646.jpg



大げさだなぁ~
ホリデーパスなんて買うからだよ!


だって・・・
駅の人がくれたんだもん・・・
[PR]
by choromasa | 2011-11-18 09:10 |

したたかで、美しい!~ ソバ ~

11月16日


少し前、
まだ暖かい日が続いていた頃です。

出かけた先で、
思わぬ光景に出合いました。


a0192918_956915.jpg



あれ?
この紅白の波、

もしかしたら、
高原に咲いているあの花かしら?


a0192918_952368.jpg



ソバ
(Fagopyrum esculentum)


成長が早く
寒冷地でも荒地でも元気に芽をだします。

今でも、焼畑農業をしているおばあちゃん、
椎葉クニ子さん。

クニ子おばばが蒔いていたのがソバ!


a0192918_9525782.jpg



まだ地面が熱いうちに種をまくと
土をかけず、ならすだけで発芽し、


雑草が育つ前に成長して、
一か月ほどで、収穫できるそうです。

昔からの伝承農業、
なんてすばらしいのでしょう!



a0192918_953326.jpg


こちらはアカソバ♫

高嶺ルビー
(Fagopyrum esculentum)

とっても美しい花。


a0192918_9534994.jpg



ヒマラヤの高地には、
昔から赤い花をつけるソバがあって、

信州大学の先生が
より赤い花に改良なさったとか。

食べてよし、見てよしの
万能選手なんですね♫


a0192918_9542099.jpg


ソバって、
沢山の虫を呼び寄せ、

まきビシ(忍者がまくやつ)の形をして
荒地でも接地面積を確保し、

その上、美しい・・・

う~ん、なんて頼もしいやつっ!


しかも・・・


a0192918_9563842.jpg



ここは神奈川。

大船植物園でした!


a0192918_9565822.jpg


いいんじゃない?

世の中にはさっ!
どっちも持ってないヒトがいるんだもん。

ここによっ!


・・・ ムッ!
[PR]
by choromasa | 2011-11-16 10:04

山のあなたには・・・ ~ テテ・ア・テテ ~

11月14日


「かまぼこ、送ったから召し上がってね。」

穏やかなOさんの言葉通り、
ずっしりした箱が届きました♫

a0192918_21404699.jpg



石巻、白謙さんの笹かまぼこです。

「私の自慢なの、
 ぜひ召し上がってね!」


a0192918_21431584.jpg



その声には、
ちょっと悲しい響きがありました。

とっても美味しい笹かまぼこ。

ここに、津波でもなくならなかった
東北の伝統が確かに息づいています。


a0192918_2148153.jpg



テテ・ア・テテ
(Tete-a-tete 内緒話)

*** *** *** *** ***

山のあなたの空遠く
 「幸い」住むと人のいう。

ああ、われひとと尋(と)めゆきて
 涙さしぐみかえりきぬ。

山のあなたになお遠く
 「幸い」住むと人のいう。

Über den Bergen
      ~ Karl Busse ~

a0192918_21564257.jpg



探している人の
懐かしい姿を思い出そうと

目を閉じる。

閉じた瞼では支えきれず、
下を向くと・・・



a0192918_225597.jpg




溢れる思いがかたちになって
音もなく、こぼれます。

山の・・・遥か彼方、空のもっと遠くに
「幸福」があると言うけれど



a0192918_2241258.jpg




きっとそこは・・・

どんなにお金を払っても、
どんなに行きたいと願っても、

今は叶えることができない希望なのでしょう。

*** *** *** *** ***


a0192918_22414246.jpg



球根は命の塊。

もう一度会いたいという
多くの人の願いがかなうように

心をこめて、包み込む。


a0192918_22165284.jpg



テテ・ア・テテ

この小さなスイセンが、

なお遠い、
山のあなたに導いてくれますように・・・


a0192918_2223627.jpg




春になったら
また会えるもの♪

今はその準備期間かな!


みんな!
暖かい、ふかふか落ち葉で眠っていてね。



a0192918_22285762.jpg



えっさ、えっさ!

大変だよ、落ち葉歩くのってさ!

変な草の実・・・
いっぱいついたよぉ!
[PR]
by choromasa | 2011-11-14 09:10 | その他

大好きだから落ちていく♫ ~ コハウチワカエデ ~

11月11日


農場の秋は、
この植物の紅葉から始まります。


一枚ずつ・・・
ひらひら、ひらひら・・・


a0192918_21402974.jpg



コハウチハカエデ
(Acer sieboldianum Miq.)


黄色から赤へと、
燃えるように色づいて、

緑だった頃を圧倒していきます。


a0192918_21433530.jpg




*** *** *** *** ***

木の葉が落ちる 落ちる 遠くからのように・・・

空はるかにある庭が枯れたように・・・

いやいやの身ぶりをしながらも 落ちる



a0192918_21451899.jpg




そして この重い地球も 夜々に

ほかの星たちからはなれて さびしいところへ落ちる



a0192918_21481589.jpg




ぼくらはみんな 落ちる この僕の手も落ちる・・・

まわりをみてごらん なにもかも落ちる・・・



a0192918_21495318.jpg




でも ただひとり この落ちるみんなを

両方の手で こよなく優しく受け止めるひとがいる

~ ライナー・マリア・リルケ 秋 ~



a0192918_2151303.jpg



何かに誘われるようにして
次々と散っていく葉。

シダも、ギボウシも、
農場の小道も、

落ち葉に埋もれ・・・


a0192918_223020.jpg




ふかふかの落ち葉に包まれて、

暖かい冬の眠りが約束されてます。



a0192918_2254384.jpg




じっと見ていると、

梢から地面まで、
落ちる時間が、それぞれに異なります。

途中でひっかかったり・・・



a0192918_221714100.jpg




それでも、
やっと、地面に受け止められると、

ああ、良かったって思うんですよ。



a0192918_2219169.jpg



わざと足をひきずって、
かさかさの落ち葉を舞い上げる。

このまま、転んでも
痛くなさそうよっ♫


a0192918_22205333.jpg



ああ、ギボウシさん。
あなたも、あったかお布団で眠るのね。

春になったら、
また会いましょう!

優しい自然の循環が、
足を伝って・・・

心に沁みました。


a0192918_22232255.jpg



う~ん・・・
寒くなるのいやだなぁ~

ぼく、あったかおこたが好きよっ♫
[PR]
by choromasa | 2011-11-11 09:15 | 農場

りんごの幸せ、ハートのスプーンで!~ ブラムリーアップル ~

11月9日

久しぶりの休日。

何をして過ごそうかしら?

そうだ!
マエちゃんから貰ったリンゴ♫


a0192918_1847562.jpg



ブラムリー・アップル
(Bramley apple / Bramley'Seedling )


そのまま食べると、
口が「すっ」の形になってしまいます。


a0192918_18541357.jpg



とってもいい香りなんですが、
ジャムにするには、数が足らない・・・

夫が安く買った紅玉と、


a0192918_185607.jpg



去年ハンギングにつかった
クランベリーがちょっとだけ採れたので・・・

ミックスジャムを作ることにしましたよ♫


a0192918_18575282.jpg



四つ切の段階で、
かなり酸っぱそうなブラムリー。

紅玉が甘そうに見えます。


a0192918_18591697.jpg



まずは良く洗ったクランベリーを入れる。

クランベリーは固いから、

鍋に入れる時、
ころんころんっていい音がするんですよ。


a0192918_1913312.jpg



もう少し、
細かく切ったリンゴを入れると

いつものように、
ちょろさんがおねだり!

ちょろさん、リンゴ大好きだもんね♪


a0192918_1925532.jpg



ありゃ?
ちょろさん、食べないの???

酸っぱ過ぎるのかぁ~


a0192918_194917.jpg



じゃあ!
こっちは少し多めにお砂糖をいれよっと!

ちょろさん、ごめんね。


a0192918_1954576.jpg


ほんのちょっと煮ただけなのに・・・

あっと言う間に、
柔らかくなりましたよ~

レモンがなかったので、
クランベリージュースとペクチンを入れて・・・


a0192918_1973182.jpg



10分煮ると出来上がり♫

今回は、朝のフレッシュジュースに入れるので
シナモンはなしにしました!


a0192918_199859.jpg


こんな当たり前のジャム作り。

仕事人間の私にとっては
本当に久しぶりなんですよ。


ちょろさんが、
ちょっと具合が悪かったり・・・

仕事で辛いことがあったとか・・・

悲しい気持ちになりたくなくて、
いろんな思いを振り切っている。

そんな時にはね!


a0192918_19104285.jpg



こんなハートのスプーンで
いただくと・・・

なんだか、
こんな幸せが、

ずっと続くような気がします。


a0192918_19192161.jpg



ぼくは、こっちの方が好きさ!

このリンゴ・・・
酸っぱすぎだよん!
[PR]
by choromasa | 2011-11-09 09:15 | その他

真珠は幸せの約束?~サラシナショウマ ”ホワイト・パール”~

11月7日


軽い雨音で目覚めた朝、

ふと・・・
農場を思いだしました。


a0192918_20264398.jpg



サラシナショウマ ”ホワイト・パール”
(Actaea matsumurae 'White Pearl' (syn. Cimicifuga))


農場に咲く花の中でも
とりわけ美しいこの花は、

かなりの気難しがり屋さんなんです。


a0192918_20315568.jpg



3年前に一株植えたんですが、
芽が出たりでなかったり・・・

次の年にあわてて足して、
やっと今年、つぼみがあがってきました。


a0192918_20342949.jpg



このまんまるいつぼみが、
ホワイト・パールという名の由来なんでしょうか?


真珠が大好きだから、
「パール」ってつくとなんでも買ってしまうんです。


a0192918_20375359.jpg



ふっさふさの尾っぽのような花は、
とっても甘い香りを漂わせ・・・

夕方になると、
よけい真っ白になり、

闇の中でもわかるほどです。


a0192918_20394979.jpg



そんな近寄りがたいほど
美しい花でも、

次第に衰えて・・・


a0192918_20435419.jpg



花を散らします。

パールにしては寂しいかもしれませんが、

余計なものを捨てた姿は、
懸命に働くお母さんのように見えました。


a0192918_21141232.jpg



流した涙の数だけ、
幸せが約束されている・・・

種を見るたびに、
そんな言葉を思い出すんです。


a0192918_21195981.jpg



誰もいない農場に、
ひっそりと咲く ”ホワイト・パール”

雨に濡れて、
真珠のような露を付けているから?


a0192918_2122018.jpg



そうそう、
今日ね、講習会に出かけたら突然の雨・・・

傘に入れてくださった北海道のお若い衆♫

シチュエーションは素敵だったけど・・・
こんなおばあさんでごめんなさいね。

でも、親切がとっても嬉しかったです。
本当に、ありがとう!


a0192918_21274918.jpg


へえ~♫
雨もたまにはいいもんだね!

でも、ぼく・・・
お散歩のときは、ちょっといや!!
[PR]
by choromasa | 2011-11-07 09:10 | 植物

カテゴリ

全体
寄せ植え
その他
ハンギングバスケット
ガーデン
講習会
農場
植物
理屈っぽい話
ブログ作品展
ひしょひしょ話

コンテスト
バラ
散歩
思い出
ハーブ
クリスマス
お買いもの
音楽
未分類

以前の記事

2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

フォロー中のブログ

diary ...und...
kusakiの「この植物...
井上まゆ美のお仕事日和
フィレンツェ田舎生活便り2
green plus
番長の部屋
私の小さな庭のお花達 
ホタルブクロ
都会の狭小庭から
小さな庭
ひだまりの庭 ~ヒネモス...
木漏れ日の庭からⅡ
daisy&bee の ...
沖 縄 で も ト ム の 庭

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧